やっと一輪

5月にセットした睡蓮蜂。昨日つぼみを確認し、今朝6時に膨らみ出したと思ったら、この時間(8時)にさいた。すごい速さで変化する。前の田んぼは台風がくる前の今日、稲刈りだ

睡蓮

 脇の浮き草は「アマゾンフロッグピット」。成長著しく普段は水面に展開する葉が行き場がなくなり水上葉と化している。ちなみにペットショップ等で「水草」として売っているもののほとんどは純粋な水草ではない。「水の中でも何とか生きられる」草だ。代表的なのが

【アマゾンソードプラント】 南米原産
アマゾンソードプラント
陸上(抽水状態)で育てれば花も咲く

【アヌビアスナナ】 アフリカ原産
アヌビアスナナ

【アナカリス】 オオカナダモともゆう。こっちは完全な水草。名前のとおり外来種だが完全に帰化した。
アナカリス(オオカナダモ)



子供の夏休みも関係し、水槽をはじめる方も多いかと思う。まずはお手軽なグッピーやらエンゼンルフィッシュなどを飼育する場合が多いと思うが実はここに落とし穴がある。以外とすぐに死んでしまうのだ。多くの人は入門種すら死なせてしまうことで熱帯魚は難しいとあきらめてしまう。これらの安価な魚は東南アジアのブリーダーから病気がでないように薬漬けにされ大量に輸入される。モラルのあるショップはすぐに店頭に出さないで数日間バックヤードでトリートメントしてコンディションを立て直してから売るのだが、多くの場合(特に夏場は)すぐ店頭に出される。さらにそれを環境のできていない立ち上げたばかりの水槽で飼うものだから死んであたりまえだ。物事は自然に変化することが大切だ。

そうだキャンプに行こう

自分は今日と明日が休み。(ちなみに観光案内所はほぼ年中無休。上司のK嬢と二人で切り盛りしている。平日に交代で休む)最高年間100日以上キャンプした(←平たく言えばホームレス)事のある自分にとって原点に返るにはやっぱりやらねばと思い立った。
目的地にむかう途中、岸良(きしら)の浜によってみた。

【   をみる】 あまりにもハマっていたのでお願いして写真をとらせてもらった。
岸良少女

 さて目的地へ着き、My探査機OYATOSAの打上準備も進む中、テントを組み立てようとしたら、なんとポールを忘れてきてしまった。取りに帰る時間はないのであえなくあきらめ帰ってきたとです。しかし心配ない。なぜなら我が家はキャンプ場だからだ。





【先客万来】今朝も近所のお年寄りが集う
千客万来2

千客万来3

魚が食べたい!

ってことで、 網元
網元の刺身定食1
お刺身定食いただきました。おなかいっぱいになりました(*^_^*)
平日限定で、海鮮丼も食べれますよ!

ところで今、大隅半島ではこんなことしてます!(~9/30)
oh!すみっこめぐりスタンプラリー

oh!すみっこめぐりスタンプラリー

肝付町では、『肝付町観光協会・案内所』『網元(大隅半島観光案内所)』
スタンプ押してます!夏休みの思い出づくりに、大隅半島隅々を探検してみませんか!

ちなみに、志布志・大崎・東串良方面からお越しの方、
現在国道448号線が通行止めです!
国見トンネル(県道561号線)からお越しください。

お持ちしてます(^_^)/~

夏休みシーズン突入

 九州南部では長かった(ほんとに長かった)雨の季節も終わり、ようやく連日好天に恵まれるようになった。
すぐ前がプライベートビーチというこの上ないロケーションに住んでいるが最近何かと忙しく浜に行くことがなかった。

【落ち着く】
渚1

 「あたりまえ」は当たり前ではない


【南の海でよく見る白いカニがいた】 歩く(走る)のがとても速い。名前はわからない。
カニ1

物事はすべてにおいて必然だ。

8月6日予定

 大雨による土砂災害のため7月10日の打上げが延期されてたロケット(S-310)が8月6日16:00~17:00の間に打上げられることとなった。子供との夏休みの思い出づくりにピッタリじゃないかな。是非肝付町においでください。このブログでも当日の様子をお伝えします。

 今日の相方のお昼はココでした。

【セットで\500】 by「いなかのお店」とゆう店。食べた本人曰く、コシの強い麺だそうです。
田舎のお店1



昨日もmy探査機OYATOSAで

夜空を徘徊してきた。長嶋監督の話でも一つ。田園調布に住んでいた人から聞いた話。地元のグランドで草野球の試合をしていた時、長嶋監督が向こうから歩いてきたと思ったら、何の躊躇もなく投球中のピッチャーの前を横切っていって皆唖然としたそうだ。イチローやサッカー中田もそうだけど一歩ぬきんでた人は感覚が違う。でも友達にはなりたくないな。

8月5日には肝付町の川上とゆう山あいの集落の廃校跡でアートイベントが行われる。個人的にもダンスに興味があるので楽しみにしているとです。本番に向けて鹿児島市内で告知イベントがあった。

【おおすみ夏の芸術祭】


昨日わざわざ観光案内所にアメちゃんを持ってきてくれた方がいました。ありがとうございます
差し入れ



ps.土砂災害でクローズしていたロケット基地の資料館が再開しました。ぜひ足をお運びください

もう始まって

いたのねオリンピック。ここのところ連日帰宅が遅いのですっかり忘れていた。サッカーはスペインを破る大金星だが、そういえばむかしアトランタ五輪でも日本がブラジルにかったことがあったなー。個人的には陸上のカールルイスが大活躍したロス五輪の開会式が印象に残っている。

【ロケットマン登場】 インパクトあったよなー


カールといえば、この後の世界陸上かなにかでTVで長嶋茂雄(魚へんにブルーと書いて鯖)がレポーターみたいなことをやってていきなりカールルイスに近づき「ヘイ カール!」と気安く声をかけた。本人は「このわけわかんねー日本人だれ?」みたいなリアクションシーンを思い出した。

 さて昨日は出張で鹿児島市に行ってきたのだが、この日の市内は

【ドカ灰】
火山灰1

火山灰2

【ドルフィンポートの池】 そんな人いるのか
火山灰3

【水族館の外堀】 海に通じる堀でマンボウを飼育しているのだ!
水族館1

【残念ながら】 マンボウ見られず代わりにシイラ
水族館2

 帰りしなに桜島でオイルをセール

【雄大】
桜島1

【曇ってはいたが】見通しが良く開聞岳はもちろん佐多まで見えていた
桜島2

【写真中央に黒い陰り】 ラジオで聞いたら伊佐市が大雨だった
桜島3

【また噴火】火山灰になれているはずの市民でもさすがにこれではたまるまい。
桜島4

最後にこころ休まるMUSICAでも

【アナ・カラン】 スティービーワンダーの名曲「オーバージョイド」のカバー

夜の旅

 私はよく旅に出る。時間もお金もかからない。星空の下、「はやぶさ」をベースに開発されたOYATOSAとゆうマシンに乗って瞬時に過去にタイムスリップし、うちゅうと交信する。しかし仕事のことを思い出すだすための直近へのタイムスリップはできないのが玉にキズだが。昨日なぜかタイムスリップ中に浮かんだのが「スルヤ ボナリー」とゆう(確か)フランス国籍の黒人のフィギュアスケート選手。昔たまたまTVをつけたとき、この選手の演技がはじまっていて、スケートは全く分からないが、黒人であることと、滑ることが楽しくてしょうがないようなはつらつとした演技にしばらく見入った。しかしジャッジが出した点数は素人目にも明らかに低く、本人の不服そうな表情はもちろん、会場からもブーイングの嵐だった。どうみても人種差別としか思えないと感じた。そこで彼女はフリーの2回目で思い切った行動に出た。

【採点なんかカンケーねー】 男子でもできない炎のバックフリップ(宙返り)しかも一本足着地

アナウンサーのアホなコメントは置いといて会場は拍手喝采。これぞまさしく「ドヤ!」

関西鹿児島ファンデーの報告

関西鹿児島ファンデーとは毎年大阪で開催される大規模な鹿児島の物産展だ。観光協会からも肝付町のブースに加勢するために、日曜日に大阪の京セラドームまで行ってきた。

【設営】
設営1

【フライング】物産の販売は朝9時からなのだが待ちきれずに
フライング

【ステージイベント】MCは鹿児島ではおなじみポッキーさん
オープニング

【人ひとヒト】
全体1

【さらに】 アジアのどっかのマーケットみたいだ
全体2

【オー マイキー】シュールだ。もちっと別な人形は見つからなかったのか?意図的だったら結構ステキ
ちなみに砂はザラザラした素材を吹き付けたような布だった。意外とそれっぽい。
指宿のオーマイキー

【繁盛】 肝付町の店にも人だかり
繁盛1

【お約束】 やっぱり鹿児島といえばこれ抜きには語れない
お約束1

【お約束2】200円 つまみ付
お約束2

【お約束3】すぐ隣では豚串。これを買って一杯。王道。
お約束3

【ステージでは】 奄美出身の中耕介が登場

中


 3時になって客足が遠のき始めたころを見計らって、ゴーヤの激安販売(3本100円)を始めたところ、一瞬で完売。続けて塩茹でピーナツを売り出したところ、こちらも完売。いずれも関西肝付会の面々が声を張り上げ売り倒してくれた。しかし大阪のお客は手ごわい。まだまけろと言ってくる。中には店の人間でない自分に、2500円で売っている焼酎を2000円にまけろとゆうお門違いな客もいて、こっちも「堪忍しとくんなはれ」「これでヨメ養わなアカンのです」となぜか大阪弁で応戦した。かなりしつこかったが結局このオッサンは「500円は募金じゃ」といって3000円置いて行った。
ガメツイのか太っ腹なのか全くわからん。大阪人のこんなところは大好きだ。


行ってきました

 昨日、大阪の京セラドームで行われた「鹿児島ファンデー」に参加してしてきました。ドーム内は蒸し暑く、初めての経験なのと当日帰りの強行スケジュールだったためかなり疲れたおー。私事ですが今日は頼んでいたバイクが納車されるのでボックスを取り付けたり忙しーので詳細は後日アップ。久々にエスカレーターの右側に立ちました。

【前日の懇親会】
懇親会

これから夏に向けて

様々なイベントや行事などがある、肝付町では以下のとおり。

8月12日 高山花火大会
   15日 岸良ナゴシドン
   25日 内之浦ロケット祭り
   26日 内之浦えっがね祭りオープニングイベント


あと7月に豪雨災害で延期になったロケットの打上げも予定されている

また明日から大隅半島ではこのような催しが

【宝を探せ!!】
宝さがし1

宝さがし2
県の事業なので太っ腹だ。

【こっちでは】 キャンペーン終了まであとわずか。いままで大雨で散々だったけど天気が回復したら是非是非
コスモピアキャンペーン

さて津代地区の大石の撤去作業も終盤に。

最後に残った大石を砕く

【石のあと】 ガッポリ
大石跡2


 またまたFaceBookに面白い画像がのっていたのでシェア
【田んぼアート】 青森の田舎舘村で毎年作られているみたいだ。今年はさらに凄そうだ
田んぼアート

アメフリヒヤデス

 台風はとうに去ったとゆうのに今日も何回か突然の大雨が降った。

【ゲンナリ・・・】
どしゃぶり

 【中学の頃よく聴いてた】  「計画は全部中止だ 楽しみはみんな忘れろ」


 「氷の世界」に代表される初期の陽水はシニカルでメッセージ色の強いものが多いが、後期は意味深な部分と無意味な部分が複雑に交差した言葉遊びみたいになってくる。その浮遊感は唯一無二の世界。真面目に解釈しようとするリスナーを時折ケムリにまいてはシラっとしている、そんなところにやられるのです。

 今週末には東京と大阪でそれぞれ「関東肝付会総会」、「関西かごしまファンデー」が行われる。前者に参加する役場の産業創出課の方がこんなものを持ってきた。

【 勝手に「ラクラクあぐら君」と命名 】
らくらく胡座くん

【下面の方が狭い】 胡座した時にかかとがヘリに当たらないようにするためだろうか?
胡座くん角

いちおう売るそうだ・・・

ウナギの代わりにキダカ

大隅半島はウナギの養殖がさかんだが、昨夜のニュースで高騰するウナギの代わりにキダカ(ウツボ)を使った取り組みが紹介されていた。アフリカ原産のオオウナギの養殖物も、ウナギとゆうより白身魚みたいで今一つとのこと。でもこれから案外広がるのではないだろうか。高くて食べられないより、安くてなんとなくそれっぽかったら次第に認知されるんじゃないかな。
 神田神保町の老舗洋食屋「キッチン南海」のカツカレーとならぶ人気メニューのヒラメフライはオヒョウ(巨大カレイ)だ)。

【キッチン南海のカツカレー】 ふつーのカレーもあるが、この店のルーはカツカレーに特化した味になっているため、ふつーカレーはイマイチ。たぶんルーに醤油やウスターソースなどが入っているのではないか? むかしはキャベ千は無く、カツがもう少し厚かった。いつの時間帯も混んでいるがランチタイム以外はカツの作り置きはせずその都度、揚げる。
南海カツカレー

( )はいろんなことに読み変えられる。たとえば
魚を食べない(興味のない)人に本物を語っても始まらない。まずは安く(手軽に)食べて(経験して)もらって、それから好きになって(本物を知って)もらえばいいと思うのだ。

【いつもの農産物屋さん。大変に安い。】

ゴーヤ

ジャガイモ10k

花1

花2

天上大風。

 台風のことではない。越後の坊主「良寛」が書いた有名な書だ。

【バブルの頃には1億円の値がついた】 現在の所有者は不明
天上大風

 良寛坊は地元では漢詩や書に優れ、子供と手まりをついて遊ぶのが大好きな好々爺として紹介されることが多いのだが、実際は違う。豪家の跡取り息子として生まれかなり放蕩していたようだが18歳でいきなり出家する。香川の円通寺で修行していたが48歳のとき僧籍を捨てて生まれ故郷にかえってきて、あばら家でこじき同然の生活を送った。後になって書が高く評価されるようになったが、当時はほとんどだれも相手にしなかったらしい。子供と遊ぶのが好きな~とゆうより、子供に遊ばれていたみたいだ。僧籍がないので檀家も持たずお経もあげず托鉢もせず気ままに暮らしていた。かなりフランクとゆうかいーかげんとゆうか良寛の逸話は色々ある。おまけに若い愛人までいる。それでも当時こんな字を好む人もいたみたいで、書の依頼が来たときにめんどくさいから「一二三いろは」とかいたのは有名な話だ。もともと書体も内容もてきとーなので良寛の書のニセモノはとても多い。この書の意味については諸説いろいろあるみたいだが、凧は高く上がった方が安定する。一見うまくいってるように見えるが、その分強い風にさらされる。それはそれで難儀やのう。といった解釈が一般的だ。何かあこがれる。

 さて関東は梅雨が明けたが、九州は台風の影響湿って蒸し暑い。やっととうせんぼしていた巨石の解体作業に入った。

【でかっ】
巨石1

【膨張剤を使うそうだ】 大きすぎて割れないので穴を開けて流し込む
巨石2


【FaceBookから】 最近、肝観(肝付町観光協会)に友達リクエストいただいた方の写真をシェア
ジャイアン

タイトル「お前のものは俺のもの」 場所:空き地 w ♪ボエ~ ボエ~

【おーい群馬いきてるかー!!】 ぜんぜん「スッキリ」しない
スッキリ



風船おじさん

 今朝のNHKのニュースでどこかの国の人が風船をくくりつけた椅子かなにかのって移動する冒険に失敗したというのをやっていた。そういえば昔、蟹江敬三が一人芝居で「風船おじさん」とゆう芝居をやっていたのを思い出したので、検索してみると実在の人物でかなり面白いひとのようだ。じつに波乱万丈とゆうか奇天烈とゆうか頭がクラクラしてくる。でもマイナスワンの音源(楽器の教則本についてくる特定のパートの演奏だけが入っていない楽器版カラオケ)を考えたりと発想の豊かな人だ。

さて昨日は海の日。そこそこ天気もよかったので海の様子を見てきた。

【コスモピアの前】 カヤックで釣りをする人。ウシノシタや大物キスで有名なポイント。
カヤックフィッシング

【渚で遊ぶ】 聞いたら鹿屋から来たそうだ。
渚で遊ぶ親子

【釣り人も多く来ていた】
釣_親子

釣_大勢

釣_年寄

釣_獲物

【大阪から】 このあと種子島にむかうそうだ
ヨット


【ぷちりぞーと】 「モルジブに行ってきました」(ウソ) 昨日紹介した港のすぐ脇の浜。ここの砂は真っ白でキメが細かい。穴場。
プチリゾート

【ゆるやかな時間】
緩やかな時間

海の日

 今日は海の日だ。今はかろじて晴れているが、ことしの九州は大雨で散々だおう。それでも昨日は三連休の中日でそこそこ天気も良かったので釣りや海遊びに来てる人がいた。

エソ

アラカブ

イサキ

【黄昏る】 港のすぐ脇にある小さなビーチ。大雨の後で少しゴミがあるが、静かで意外とよいのです。
夕暮れの浜


【昨日のボランティア】 蒸し暑く重機もない中ご苦労さまでした。
ボランティア一昨日

 アルプスの少女ハイジが使われているCMをみた。最近なんでもアラフォー世代を意識したものが多いなー。制作サイドがその世代だからか。
 クレモンテーヌがアニメのカバーアルバムを出している。もともと小西康晴(ピチカートV)などとコラボして日本ではおなじみの彼女だが、ハイジをみて思い出したのでアップできるものはないかネットで探してみた。ハイジのカバーは見つからなかったがかわりに

【タッチ】 彼女がカバーするとおフランス語でこんなにオサレに。


【も一つ】 バイバーイ バイバイ ラテ(さらばーちきゅううよー)♪ この動画どうやって作ったんだろ 

♪ おーとーこ だったぁらー ♪

ひとつーにかーけぇるー ♪

太鼓

昨日はこの地区の保育園の盆踊り大会があった。
「銭型平次」と「アントニオ猪木」のテーマ曲に合わせた園児の太鼓から祭りは始まった(ウケる)。踊りの場面では音響トラブルで何度か曲が中断したのだが、そのたびに止まったり動き出したり、まるで音に反応する人形みたいでカワイイ。
盆踊り

【定番1】 見てるとほとんどの子どもは、紙の部分をどっぺし水につけてあっとゆうまに玉砕してた・・・
ヨーヨー釣り

【定番2】 4本で500まんえん
屋台

それにしても子供らはすごいなー。自分なんかこの太鼓よう覚えん。

 津代集落から街中までの道は一応自由に行き来出来る様になったが、まだ崩れた大石が残っていたり、せまい迂回路を通らなければならないところがある。災害の直後から普段は交通量のすくないこの道をひっきりなしに車が通るようになったため、誰かが道にロープを渡した。

【ここで減速せよ】 とゆうメッセージだろう
道1

【さらに2本増えていた・・・】 心の叫びか。
道2

ご苦労さまでした。

【ボランティアの方々が作業を終えられ戻ってきた】 蒸し暑い中、本当にご苦労さまでした。
ボランティアの方

 先ほど観光協会の窓口にこの土砂崩れで家が全壊してしまった方(自分の大家さんの妹さん)が立ち寄られた。7月から肝付町に戻ってくるとゆうことで準備が整った矢先の災害だったのでよけい気の毒だ。根が明るい方なので元気そうなので良かった。

 ショーン・コネリーが出ていたウィスキーのコマーシャルで高校生くらいの時からずっと印象に残っているものがある。
ネットですぐに見つかった。

【時は流れない。それは積み重なる。】


CMで聞き流すにはもったいないくらい素敵なコピーだ。
ちなみにこの曲はユーリズミックスが作ったんだと。なんと意外な。

もてもてナイナイ

 こっちも引き続き募集してまーす。

もてもて

以外に反響が

 今年度から発足した観光協会の取り組みとして【ボランティアガイドの育成】がある。外から来た人に町の魅力を知ってもらうため、地元の史跡や自然についての「語り部」となってもらおうとゆう試みだ。その為にはまず地元を知ることから始めようとゆうことで興味がある人を募ったところ以外に反響があった。

ボランティアガイド反響

 全10回程度の講座を予定している。少しでも関心のある方は気軽にご参加ください。

歩き続けること

 九州地方は未だに大雨が続いている。肝付町も災害対応に追われ役場も連日あわただしかった。

【気づいてみれば】 5月29日に植えたゴーヤがこんなに成長していた
緑のカーテン1

【同時に植えたヘチマ】
緑のカーテン1

さて今月の町の広報は盛りだくさんの内容だ。中でもいいなと思ったのはこれ

【パソコンのよろず相談】  土日を除く毎日やっている。そして無料だ。
取組み1

連絡先 NPOきもつき情報化推進センター
      0994-65-7733 9:00~18:00(土日祭日除く)

 ITは田舎であればあるほど逆に恩恵をもたらす。近所に商店がない買い物難民でも食べ物から家電まで全国平均で比較的安く買い物できるし、自宅でいらなくなった農機具だってオークションで売ることができる。遠隔地に住む孫ともTV電話で無料通話ができる。僻地にいながら世界とつながることができる。もっとも田舎に住む者は、その不便さ(良い意味での)を受け入れるのが「らしい」のだろうけど、だからと言って皆がみなストイックになる必要はないと思う。選択肢はある方が良い。
 
 「いつもやってる」「だれでも(なんでも)OK」 これは大事なことだ。講座を設けて「さあやりましょう」も結構だが、「そこまでするのは・・・」とゆう人。そこに実は潜在的なニーズが埋まっている。全てにおいて「やる人はすでに自分でやっている」のだ。ちょっとは気になるけど別に知らなくていいという人こそ、大きな可能性を秘めている(観光にも当てはまるのではないだろうか)。極端な話、相談する人が一日ひとり、いや一か月にひとりでもいいと思う。高齢者は「ソリティア」でもやってマウスの使い方を憶えてもらう。同じことを何べんでも何十ぺんでも繰り返し聞いてもらっていいと思う。一年かかってやっと小さい「っ」が打てるようになってもいいと思う。
 そういえば昔CONBOYショーの今村ねずみさんがいってた。「その場だけなら何でもできる・・・」 勢いだけで今は取りあえずはできても続けてこそ真価が問われる。ビートタケシはねずみさんに「いくつになっても踊り続けなよ」といっていた。
 走り続けるのはカッコいいけど凡人にとっては疲れる。倒れないように歩き続けるほが結局遠くまで行けたりするものだ。

ひとり七夕流しをしました。煩悩が叶いますように。
ひとり七夕

災害ボランティア募集してます

 今回の土砂災害の復旧のためボランティアを募集している。7月9日に行われた第一回目の災害地区への派遣には近隣の方の他に偶然旅行で関西から来ていた方も参加していただき、総勢25名もの方がどろまみれになりながら重機の入れない住宅の片づけ等に奔走して下さった。

→ 募集終了しました。

肝付町にはこんな人もいます

 この春、肝付町に移ってこられたアーティストのご夫妻(ミュージシャン&ダンサー)がいる。自分はまだその方々とお会いしていないが、ちこっと検索するとなかなかグローバルな活動をされているようだ。その方たちが中心となってアートイベントが行われることになった。

【パンフ】  
アートフェスパンフ

 今コンテンポラリーダンスは結構おもしろい。コンドルズの近藤良平(NHK朝の連ドラ「てっぱん」のオープニングやサラリーマンNEO)、珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝(メルシー体操)、森山開次(NHK「からだであそぼ」)などTVでも”そっちの人”を目にするようになった。前はアカデミックなイメージだったが、最近は単純に笑える作品などもあり多様化している。昔美容と健康のために、とあるダンス教室の入門クラスに通っていた時期があったのだが、急きょ担当のイントラ(女性)が来れなくなったため、彼女は森山開次さんに代行をお願いするとゆう暴挙にでた。そしてまさか本人がそれを引き受けたのだった。何も知らずに行った自分はびっくりした。たとえるなら中学校の音楽の時間に突然代行教師で坂本龍一がくるようなものだ。レッスンが始まっても目からウロコなことばかり、必死こいて振り付けを覚えたと思ったら、「曲変えるよー」の一言。同じ振りでまったくタイプの違う曲で踊れとゆうのだ。普通は音楽に合うようにカウントで振りを覚えて踊るのものだが、彼曰く「音と戦っても勝てない」そうで、そのような既成概念から解放されたとき何かが生まれるのだろう。

再び

大雨が降っている。また土砂災害の危険性が出てきた。自分は町場との行き来に少し支障があるだけだが、田んぼや畑をやっている方はきがきでないだろう。

【崩落跡】 ブルーシートで集めた水を写真左に見えるパイプから側溝に放水している
再び1

【激しい雨】
再び2

 私事だが、先週IHクッキングヒーターが真夜中に誤作動して発火した。幸い火災報知機がなり大家さんが見に来てくれたので大事に至らずにすんだが、前日までの大雨による避難所生活で疲れていたのと、立ち込めた煙により意識が朦朧としていて火が出ていることに全く気づかなかった。ヒーターのすぐそばにあった簾に燃え移っていたらおそらく今はいないだろう。
 昨日はメーカーの若い担当の人が謝罪と調査に来たのだが、話をするうちに彼もこの場所をいたく気に入ったようだった。なんでも学生時代は広告研究会にいたそうで、今後のメディア戦略(←大げさ)などを語った。

【メルシーの後は♪】 あざとい! なんてわざとらしい設定w
あざとい設定1

メディア関係の方へ(このブログの読者にいるのか?)

太っ腹な企画をやってます。

【肝付町でロケをしませんか?ロケに要する経費に補助金を交付します】

 鹿児島の下甑島は漫画「Dr.コトー診療所」のモデルになった先生がいる島だ。TV・映画化もされ大ヒットした。
しかし撮影は沖縄の与那国島で行われたために、そっちがDr.コトーの島とゆうイメージが定着してしまった。
映像化される際、当時の(下甑村を吸収合併したばかりということもあってか)薩摩仙台市はあまり興味がなかったらしく、ロケ誘致に対し積極的ではなかったようだ。下甑の「手打」集落は美しい白砂のビーチに面しているし、コトー先生が自転車を漕ぐシーンにぴったりな広々とした一本道もあるし、漫画の中いつも描かれているシンボリックな「ナポレオン岩」も実際にある。よそでロケするのとはリアリティが違う。余計なお世話だが今更ながらもったいない話だ。

【メルシー体操】 与論島が舞台となった映画「めがね」の印象的なシーン

めがね

 ロケ地となった寺崎海岸は与論の北にあるこじんまりとしたとても静かな浜だ。(映像ではいっぱいあるが)足跡のない普段は人の立ち寄ることもないビーチ。でもこの浜の上を行くのが、わが町の辺塚の浜だ。人工物が一切ない。広大な白い砂浜に清流が注ぐ。ここにきたら真っ当な感覚の人ならばタバコの吸殻や空き缶など捨てる気にならないだろう。
 小林聡美は実に上手い役者だ。この人のキャリアはとても長い。お茶の間(→死語?)で有名になったのはフジTV系の深夜番組「やっぱり猫がすき」からだろう。室井滋・もたいまさこ(この映画にも出ている)とともに「自然体系」としてブレイクした。
 その後も着実に「存在感のない存在」「主張しないことで主張」みたいなポジションで活動する名バイプレーヤーだ。三谷幸喜と結婚(なるほど)したが離婚(やっぱり)した。この人の芝居は透明感の裏に潜む職人的なセンスを感じる。

 今日は梅雨の短い中休みで少し晴れている。休みなので前の浜でメルシーしてビールでも飲もう。

検索キーワード

できるだけ肝付町をいろんな人に知ってもらいたくて、くだらないことを含めて(そればっかりだったりして・・・)情報を発信している(つもり)が、最近いろんなキーワードでこのサイトに訪れるケースが多くなってきた。「高橋由一の絵」とか「忘れられる権利」とか。でも一番多いのは「もてもて ナイナイ 肝付」だ。TVの影響力ってすごいね。
 さて最近、「カツオとハガツオ 違い」なんてーのがあった。このブログでもハガツオについて何度か書いていますが知りたい人がいるようなので改めて。

【歯がある】 これがハガツオの名前の由来。カツオにはこのようなキザキザはない
ハガツオ

【縞が背側に入る】 加えて縞が細く、顔が尖っている
ハガツオ全体

肉質はカツオよりも「血の気」が少ないのでむしろ美味しい。ただしカツオよりも痛むのが早いのでベストな状態で食べるのは意外と難しいのです。

町営住宅の入居者を募集

この土日は鹿児島県知事選の関係で観光協会の案内所が休みだったためブログの更新をサボってました。毎日見に来てくれている方申し訳ありません。載せようと思いつつ大雨災害のせいですっかり忘れてた。今週の金曜日が締め切りです。
 移住を考えている方、肝付町には不動産屋が1件しかなく、内之浦・岸良地区に関してはほとんど取り扱いがありません。基本的に自分の足で探すしかないのがないのが現状です。ただ(どこもそうですが)空き家はいっぱいあります。しかし(どこもそうですが)家財道具がごっそり残っていたりしてすぐに貸せる状態でないものが多いのも事実です。それでも全くないわけではないので粘り強く情報収集すれば何かしら見つかるかと思います。
募集詳細はこちら

さて今日のお魚写真

【大きなアジ】 活魚で取引される巨大なアジ。45cm 800gくらいかな。ここまで大きいと脂もしっかり乗ってさぞかしおいしいだろう。イキのいいものは背に横縞がでている。
オオアジ

【サカタザメ】 エイとサメを合体させたような形。ウミタナゴなどと同様、卵胎生で仔魚を直接生む
サカタザメ

【センネンダイ】 たまーに見かける。味は食べたことないからわかりまへん。
センネンダイ

可愛い織姫と彦星がやってきた

♪こんにちわぁ♪

と支所の方でかわいらしい声がしたので行ってみると、ひよこたちがステキなプレゼントをくれました

七夕1

【かわいいー】
七夕2


そうだ明日は七夕だった。とゆうことで急きょ

【とってもチープ】
七夕3

【煩悩1】
煩悩1

【煩悩2】
煩悩2

【なんじゃそりゃ】
煩悩3

【わけわからん】
煩悩4



復旧作業

土砂崩れで孤立した津代の集落への道の復旧がすすんでいる。雨は一昨日から降らなくなったかわりに、南からの熱く湿気を含んだ大気がおおい、非常に蒸し暑い。こんな時に外で作業する人は大変だ。本当にご苦労様です。

【昨日の様子】
5日の状態1

5日の状態2

【今朝の様子】 ずいぶん撤去された
今日の状態1

【石の断面を見ると】 たった3か所にくさびを打っただけで巨石を割っている。プロの仕事。
今日の状態2

  この石(花崗岩)を墓石か何かに使えないかと尋ねたら、国産の石は鉄分が多いため、だんだん赤くなってしまうので価値が低いそうだ。

さて、またかと思われるが恒例のAコープお魚チェック。

【ミズ(アオリ)イカ】 まだまだ大きいのが店頭にでまわってます
Aコープ3

【自分で干物にすれば一枚あたり¥20でできる】
Aコープ2

【メチャメチャな値段】 市場価値が低いのでこんな値段に。  羽ガツオ→ほんとは歯ガツオ
Aコープ1

明日、明後日は鹿児島の県知事選でここも投票所になるので事務局は休みだ。土日祝が休めない我々にとっては貴重な休日だ。キャンプしながらじっくり滝めぐりでもするか。






| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top