またまた取材

最近、何かとメディアに取り上げられることが多い。

【4日前になんきゅうフェリーで偶然みた火野正平さん】
正平.JPG

NHK BS「にっぽん縦断こころ旅」で火野さんが鹿児島を旅した。流れ的に佐多岬の方に下るのかと思っていたら翌日、内之浦ロケットセンターで見かけたとの情報。


さて、本日はMBC「ズバッとかごしま」の内之浦地区のまち歩きの突撃取材があった。

【レポーターはおなじみ 吉俣さん】
ズバかご1.JPG

【いきなりのハプニング】歩き始めて間もなく上空から茶色い液体が・・・
ズバかご2.JPG

鳥のフンかと思いきや、結局なんだかわからない。苦笑いするスタッフさん


【1軒目は】 「ぎんじ堂」さん。お約束の「ロケット最中」を製造販売している。
ズバかご3.JPG


【いくつかの場所を経たのち】旅館&食事処「ふくのや」さんであるものを発見。
ズバかご4.JPG


【突撃】
ズバかご5.JPG


【料理が出てくるしばしの間に】 ビデオが回っていないのに頼んだらやってくれました。
ズバかご6.JPG


【キター!!】 「春のえっがね丼祭り」のスペシャルメニューを前倒しでいただきー♪
ズバかご7.JPG


【どうですか?みなさん】
ズバかご8.JPG

【食事の後の歓談】
ズバかご9.JPG


【若女将と写メ】
ズバかご10.JPG


【実はここにディレクターさんウケていた】 壁一面に張られたものは?
ズバかご11.JPG












玉子が入っていた紙のトレー。防音材の代わりだそうです・・・

ズバかご12.JPG

さよなら

この一年間「緑のふるさと協力隊」として肝付町で活動された中嶋紘子さんが任期を終えて町を離れる日がやってきた。

【昨日、出発前にあいさつに来られた】
中嶋1.JPG


中嶋2.JPG

【彼女の実直な姿にちょっともらい泣きしました】
中嶋3.JPG

中嶋4.JPG



肝付町で協力隊を受け入れるのは初めての試み。一方、彼女も大学を卒業したばかりで、関東の都会から遠く離れた小さな集落で生活するのは何かと苦労があっただろうが、いつも明るくまわりを和ませてくれていた。

これからどのような方向に進むか他人にはわからないが、きっと人生の糧になるはずだと思う。

正直さみしいものもあるが初めからわかっていたことだから考えてもしょうがない。


【だよ~ん】笑っていきまっしょい。
だよーん.JPG


うーん伝えたいことが山ほど

ここ三日ほどバタバタしていて全然更新できていない。


【またまたマンボウと、今度はウミガメ】25日に揚がった。やはり水族館が引き取る。
獲物1.JPG


【今回は大小2匹】
獲物2.JPG

獲物3.JPG



出会いと別れ、KTSオンエアなどいろいろあるのですが取りあえずこの辺を。

あと  肝付の四季まるかじりツアー第18弾 甫与志岳登山 参加者募集 も



わかるかなぁ


【山の中腹にあるのは】
大文字.JPG



これ↓

大文字1.JPG


大文字2.JPG


大文字3.JPG


名前は聞いても、いままでどこにあるのか知らなかったのだが、役場の林務課にいたことあるの職員さんに連れて行ってもらった。昔はもっとハッキリ見えていたんだろうけど、今となっては教えてもらわなければわからないなー。

前に紹介した「円満桜」とこの大文字桜、あと(旧 内之浦町の)町政50周年記念の50桜もある。


【「大」の字の一部】最後の「はらい」の部分
大文字4.JPG


大文字5.JPG

大の字の全景を見るためには林道を離れケモノ道を延々歩かなければならない。お花見にしてはかなりハードルが高い。しかし、ところどころが切れたり、別な点(木)が後付されたりして、「犬」だったり「太」にもみえる。

情報求む

先日、MBCラジオの「海童が行く」のコーナーに電話で出演させていただいた。
今日、記念品として、その時の音声とスポンサーである焼酎海童が届いた。

ラジオ出演.JPG

「ラジオにでるよー」って周りに言ってまわったわけでもないのに、結構「聞いたよ」とゆう人が。
以外にラジオって聞いている人が多いものだ。

確かに自分もよくインターネットでラジオを良く聞いている。radiko.jpは日本全国の民放が聞けるサイトだが、地元の放送局しか聞けないようにアクセス時にエリア判定が行われる。ところがモバイルルーターを経由してアクセスすると、エリア判定にて別の地域にエリアが判定されることがある。
自分の場合、群馬で契約したクロッシーのモバイルルーターを使うと東京の放送局が聞けるのだ。モバイルルーターをお持ちの方、どの地域でどの地域の放送が聞けたか是非教えてほしい。


話を戻すとラジオに出た際、トークが曲にまつわる思い出よりも、ブレまくっている自分の人生について語る流れとなり番組の趣旨とはちょっと異なり、時間も押して本来の「夏への扉」が中途半端な状態で紹介されてしまいました。

3月11日の南日本新聞で大きく取り上げられた「段々畑の花咲か爺さん」こと長坪地区でイワツツジを育てている上村さん。昨日訪ねたら奥さんのヒロ子さんがたまたまいらっしゃった。


花1.JPG


【イワツツジは1本の枝先に3つ花をつける】写真は種。
花2.JPG

ここに生えているものは基本的に実生(みしょう)だ。
取木と違い、種から育てる実生はとても時間がかかる。ここに生えている花々はおばちゃんの子供。

花3.JPG


【花は3月いっぱい】
花4.JPG



さてところ変わって岸良地区の「テコテン桜」。樹齢およそ200年の山桜。昔むかし、北岳(テコテン)から採取してきたものを山の中に移植。時は流れその存在すら忘れられたが、近年になってある古老の言い伝えが浮かび上がり調べたところ、藪の中にひっそりとそして力強く生きていた。

【みかん畑の中に凛として】
花5.JPG


【毎年写真を撮りにきてる方】
花6.JPG

この日は新聞に載った直後だったため、早い時間にも関わらず既に4組ものギャラリーが。



花7.JPG


花8.JPG



【たまたま声をかけたら】持ち主の船間さん。毎年この季節が楽しみだそうだ。
花9.JPG


【円満桜】やはり岸良地区の山の斜面に丸い輪っかで植えてある。
花10.JPG



【思わず足をとめた】岸良の国道沿いのお宅の庭。
花11.JPG


花12.JPG

家の方に話を聞いたら、自分とおんなじように写真をとっていく人が絶えないそうだ。納得。


【もう代掻きが始まった】
花13.JPG

日日是好日。




一昨日に引き続き

マンボウが獲れましたぁ。

マンボウ.JPG


などと言っている場合ではない。




KTS鹿児島テレビにて肝付町の取材があった。「大隅スマイルプロジェクト」で行われる「みんなの前向き駅伝」とゆう企画の一環として大隅半島の市町村を紹介するそうだ。



【まずはJAXA内之浦ロケットセンター】ディレクターさんと打合せをする「タマリ」さんと「アメリ」ちゃん。
取材2.JPG





さてここでディレクターさんから「せっかくだから観光協会さんも絡んでもらいましょう」とゆう提案があった。
町をPRするのが我々の仕事なので、良いチャンスなんだろうけど、いやはや正直TVはどうも・・・




【すでに頭の中は真っ白】
取材1.JPG

取材3.JPG


【「アメリ」ちゃん】めっちゃかわいかった。
取材5.JPG


さらにこのあとディレクターさんからとんでもない提案。

わが上司K嬢が、私の名札にシャレで「踊る事務局員」とゆうフレーズをつけてくれているのだが、それに気づいたディレクターさん、「ちょっとそれ(ダンスシーン)入れてみましょうか」と言いだした。同行した役場企画課の職員さんも悪ノリし(失礼)同調したことにより、そっち方向へ演出が変わり、先日ドルフィンポートの「隅くじら元気市」につづき、まさかの無茶ブリ。

どうする? どーする? Dooooooooooする?


えーい ままよ!!


やりましたがよ。

やけっぱちの動きにディレクターさんはじめスタッフ大うけ。
タマリさんとアメリちゃんは一人踊っている自分を残し、あきれた様子で去っていく演出。
カットのあと自分はまた「ヤッちまった・・・」感にさいなまれ気分はどよーん。放心状態に。


これで終わりかと思いきや・・・


場所をロケットの打上場に移動して撮影。なんとここでも自分がトークに絡みやっぱりダンスするハメに。

実際の放送でどこまで使われるかわかりませんが、いっぱいいっぱいな様子を想像しながら見てください。

オンエアは3月25日(月)KTS「げっきんライブゆうテレ」16時~ です。


取材6.JPG


取材7.JPG


取材8.JPG


取材9.JPG


取材10.JPG



【頂きました】アメリちゃんありがとう。おじさん大切にします。
取材11.JPG


人に笑われることは簡単だが、人を笑わせることは難しい。今の自分は何とか「笑われる」=「笑わせる」ことに繋がっているみたいだが、今後自分は何処に向かっていくのか。


避難するのじゃ。

訓練8.JPG


この日は内之浦地区にて津波を想定した避難訓練が大々的に実施された。


【朝9時 訓練スタート】緊張が走る
訓練1.JPG


【内之浦支所に避難する住民】
訓練2.JPG


訓練3.JPG


訓練4.JPG

【松林の先はすぐ海】 本当に津波が来たら、はたして自分は冷静に行動できるか・・・
訓練5.JPG


【終了】
訓練6.JPG

訓練7.JPG


【炊き出し】頂きました
訓練9.JPG






春の日を浴びつつのどかに事務仕事をしていたところ、役場の企画調整課の職員さんがやってきて「肝付町にテレビ局の取材が入るから同行してくれる?」ということで「ま、いっか」と二つ返事でOKしたらとんでもないことに・・・(最大のピンチかも)





















まさか.JPG

次回へつづく。

「やる気なし男」がやってきた

 今朝、「面白い物が揚がったよ」@マイケルもといマルケイ水産の大将からTel。
あわてて揚場に行ってみると・・・




マンボウ1.JPG


マンボウ2.JPG

 しかし何時みても全くやる気を感じさせない魚だ。こんなにノー天気に見えて長期飼育が難しいという、どうしようもなくめんどくさいヤツだが、やっぱり憎めない。大変効率の悪そうな姿形では子孫残すのは大変なためか、アホみたいに多くの数の卵を産む。でもこんなんでもやっていけてるところが自然の奥深さ。 昔、三宅島の「釜の尻」というダイビングポイントで見た時は興奮した。

【この日はアカヤガラがいっぱい】 椀だねすると美味しい
水揚げ1.JPG

【天然ブリはこの時期になると】 真冬に獲れるものと比べ、明らかに痩せている
水揚げ2.JPG


【こんなものまで落札】シュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)
水揚げ3.JPG


与那国島のダイビングポイントでみられるハンマーヘッドの群れは有名。昔ダイビングの講習では「一部を除いてサメは危なくない」と教わる(今は違うかも)。ハンマーヘッドもそんなに危なくないサメに分類されていた記憶があるが、やはり三宅島の三本岳での釣りの帰りに遭遇した群れは完全に興奮状態にあり、船から投げたものなんにでもかぶりついていた。


マンボウはたびたび揚がる。大型のものは消費されるが、このように1m以下の小型で生きた状態でとれたものは、このあと水族館に引き取られるそうだ。

在るべき場所に在る

このところすっかり陽気が春めいて、日中は暖房がいらないくらい暖かい。思い起こせば2年前の3月11日の2時46分、自分は内地に戻る飛行機に乗っており、今まさに着陸する直前、「地上で地震があったので滑走路の安全を確認します」との機内アナウンスがあった。20分ほど上空で待機したあと着陸後にロビーで見た映像は、まるで何かの特撮映画を観ているようだった。

一昨日、東日本大震災の慰霊式典が始まる直前、九州南部でも地震があった。自分は休みで家にいたのだが、時間は短かったが結構揺れた。目の前がプライベートビーチのため、津波が来たら避難できるよう真剣に身構えた。


【隠れた戦跡を調査】太平洋戦争末期、アメリカ軍の志布志湾上陸作戦にそなえて設置された砲台跡
砲台1.JPG

写真の八巻さんは九州各地のこういった戦跡跡を個人で調査されている。地元の人でもまず知らないような場所を、少ない情報から推測し見つけ出す。この砲台跡も何十分も藪をこざいて入っていった場所に突如その姿を現した。


【こんなの普通は見つけられない】
砲台2.JPG

林道に面しており、大まかな場所は分かっていたのだが、以前探した時に自分達では見つけられなかった。八巻さんも何度か見過ごしたあと見つけたそうだ。

どうしたらこれらの跡を見つけられるのかと聞いたら、「在るべき場所に在る」とのこと。


【釣り人】
釣り1.JPG


【コマセに群がる魚】
釣り2.JPG


何だと思います?      なんと鯛でした!


【ゲット】
釣り3.JPG



【ヒサシ&パンチ】 葛回収の業者さん。あまりにも漢気あふれる髪型だったのでパチリ。日日是好日。
ヘアー1.JPG


ヘアー2.JPG

扇風機に「あ~~~」

昨日、津代キャンプ場は朝からにぎやか。

キャンプ場.JPG


【公民館ではオレのステージが作られていた?】
公民館.JPG

昨年6月の豪雨災害で津代集落が孤立した時の避難所となった場所だが、床に直に寝るのが難儀だったので、畳を敷く小上がりを作っているところ。


【津代オールスターズ】たっちゃん夫妻と兼盛じぃ。
スター2.JPG

3人ともとても元気。兼盛さんは81歳だが、タバコをガンガン吸ってバリバリ仕事をしている。どこも悪い所が無いそうだ。

【たっちゃんが作っているキヌサヤをもらう】
スター1.JPG

たっちゃん、ゴメン。実は時々くすねてます・・・


【この日は春満開】
浜1.JPG

【沖には見慣れない船がいっぱい】
浜2.JPG


【河口ではアサリ採り】
浜3.JPG

浜4.JPG


最近の陽気で風呂上りの扇風機が必需になってきた。震災から2年、あったかく暮らせることに感謝。

花.JPG

すいません ヤっちゃいました

3月2日・3日と鹿児島市のドルフィンポートで行われた1市3町の物産イベント「半島すんくじら元気市」の模様。



【行列の先にあるものは】
なべ1.JPG




【肝付町で用意したブリとダイコンの鍋】先着200名に無料配布。みるみるうちに行列が。
なべ2.JPG


【トップセールス】町長みずから配る。
なべ3.JPG



【好天に恵まれ客足は上々】
客1.JPG


【1袋@¥300】つめ放題コーナー。初日は錦江町の芋とわが町のイリコ
客2.JPG

客3.JPG




【好評でした】観光協会のブースでは鍋をふるまったあと、特産品に加えて、一口サイズのつけ揚げを揚げたて販売。数種類のネタを用意し、ミックスして販売。いろんな味が楽しめて◎
揚げ1.JPG


【5個+αで¥100】 あいらん家での教訓を生かし、手軽に食べ歩き出来るようにしたのが正解だった。
揚げ2.JPG



【再びイベントステージへ】JAXAによる宇宙教室。
宇宙1.JPG

動く台車の上でホイールを回転させると面白い現象が起こる。ホイールの向きを変えるとそれに合わせて台車も向きを変えるのだ。この仕組みは衛星の軌道修正などに応用されるそうだ。




さてと何を「ヤってしまった」かとゆうと・・・






【まさかの無茶ぶり】 肝付町PRタイムにてマイケルするハメに。
マイケル1.jpg


町内のちょっとした場所ならノリとシャレでやっちゃうんだけど、さすがにドルフィンポートで踊るとは。
仕掛け人DooooooooooZONOくん。密かに音響さんに踊れる曲がかけられるかお願いしていた。「スリラー」が流れてすでに後に引けない状況に。
リンダ困っちゃうぜ。

足元が隠れてますが、トゥ(つま先)で立っておりまする。一応名誉のためにゆっときます。


【なんちゃってムーンウォーク】 動画でそれっぽく見えていたので自分でも笑った。
マイケル2.jpg


【キメはスプリット(開脚)】
マイケル3.jpg

ちょっとだけ客席から「おおっ」とゆう反応が。一応名誉のためにゆっときます。

しかし踊ったあと息があがり、司会の「たくちゃん」と満足に受け答え出来ない。全然PRになってないやも。
別な意味で「オレ様オンステージ」だ。




【あのお方が】最後は薩摩剣士隼人さまが城内(場内)をまわって値引き交渉を。
隼人1.JPG

イベントは2日間とも盛況。関係者の皆さんご苦労様でした。
なにかと「ハァハァ」する一日でした。日日是好日。

隅くじら元気市の様子は明日アップします

今宵もやるか。

【It's ShowTime】
ショータイム.JPG

とき:よる
場所:はらっぱ

出演:おれ
振付:おれ
脚本:おれ


観客:おれ

後日アップします。

行って来ました『半島隅くじら元気市』。「ふるまい鍋」を準備するため、朝早くの出発だった。
イベントの様子は後日アップしまーす。

【2/28の月】とてもきれいなイエロームーン。バーボンストリートを思い出す。
月.JPG


【鍋の仕込み】
仕込み.JPG


【揚げたて一口サイズ】観光協会ブースで販売。1カップ¥100也。お手軽さが受けて完売
当日.JPG


イベント初日の晩の打ち上げ、2次会はキレイなおねいさんのいるお店へ。あまり縁がないので隣に座られキンチョーしましたです。しかし、翌日とんでもない試練が待ち受けているとは知るよしもなし・・・

| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top