先進地を見てきました

 観光協会の新事業として取り組んでいる『ボランティアガイド養成』の一環として、既にガイド活動が根付いている志布志市と日南市飫肥に行ってガイドの様子や組織の成り立ちなどを研修してきました。

【12月8日】 ガイド養成講座のメンバー18名と観光協会事務局・町職員・きもつき情報局レポーター総勢22名で出発
研修1.jpg

研修2.jpg

【まずは最初の研修地 志布志市】
研修3.jpg


【まずは大慈寺を実際に案内してもらった】 4名のガイドさんがついてくれたのだが、皆さんさすがに慣れている。
研修4.jpg

この寺には愛知方面からJTBのツアーで月に3・4回 1回あたり40名ものお客様が来るそうだ。
研修5.jpg

(ちなみに)臨済宗ということで自由に座禅を組むこともできる。
たわけたことを言っている自分なぞは一発「ペシッ」とやってもらわなければいけない。
研修6.jpg



【美男葛(サネカズラ)】ツルから出る粘液は昔男性の整髪料にしていたことに由来しているそうな。
境内に咲いている木をさりげなく話題に取り込みゲストの関心を引く工夫。

研修7.jpg


【会議室に移り組織運営の説明を受ける】
研修10.jpg

研修9.jpg


【おもてなしの心】やっぱりとゆうか流石だ

研修11.jpg



次なる目的地 飫肥 についた。まずは腹ごしらえ。

【グルメ女王K嬢が見つけた】

研修12.jpg

【炙りカツオ重】
研修13.jpg

ゴマダレを絡めたものを軽くあぷって食べる。大変に美味い(もちろん生でもいい)
研修14.jpg


【まち歩き出発】飫肥城下町を案内するガイドさんが配っているものは・・・
研修15.jpg


研修16.jpg



【マップに引換券】
ガイドさんが配っていたまち歩きマップ。600円のマップを買うと引換券が5枚ついていて、加盟店でちょっとしたものをゲットできる。一枚目はやはりこれだろう。

研修18.jpg

ちゃんとそれ用のミニサイズまで用意しているお店も(す、すごい!!)
研修17.jpg

研修19.jpg

有料マップと言っても、施設の入館料が無料になり、つまみ食いやグッズがもらえるのだから、ゲストにとってお値打ち感いっぱい。加盟店のほうも販売促進につながる。ものすごくいいアイディアだと思う。



【飫肥城を案内してくれた松井さん】
 彼女はまず最初に
「何時までに案内を終わればよいか」我々に確認した

研修20.jpg

 松井さんは飫肥でボランティアガイドの立ち上げの第一期生。この道14年のベテランだ。自分が以前、プライベートで飫肥に行ったとき、たまたま話をしたのが彼女。名刺もなく素性のわからない自分に組織の成り立ち等を親切に説明していただき、並々ならないものを感じたので是非お願いした次第。時間が押していたため、彼女曰く「遊び」の部分が案内できなかったとのこと。

【組織運営などにつき質問】
案内は無料!
40数名のガイドさんは全てボランティア!!
ゲストからは一切お金を頂いていない!!!
それどころかガイドさんは登録料まで払っている!!!!

この取り組みが14年も続いているのはガイドさんの努力と郷土愛そしてパーソナリティの賜物だ。

研修21.jpg
この会合でも先方は時間進行を常に意識しており、我々の行動に支障がでないよう配慮してくれた。本当に凄い。

【参加した面々】
研修22.jpg



【ここでもやっぱり】おもてなしの心
研修23.jpg

これらの経験を活かし、自分も含めて肝付町の「よかところ」を語れる人が増えてくれればいいなぁ
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top