火崎灯台、御崎神社は、こんな場所です。

平成259141400分に内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたイプシロンロケットも打上げ成功に終わり、たくさんの見学者に感動を与えてくれました。

JAXAは、そのイプシロンロケットに搭載された惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の愛称を「ひさき(HISAKI)と命名いたしました。

みなさんご存知だと思いますが人工衛星は、打上げが成功し初めて生まれてくるのです。だから、名前が付くのは打上げ成功後です。
そして、なぜ?ほとんどが「ひらがな」か!?
それは、小さい子供から大人までたくさんの人に親しみやすいようにとの願いです!

「ひさき」という愛称の由来は以下のとおりです。

 

★↓JAXAプレスリリースページより

1)内之浦の地名である「火崎」(津代半島の先端部の岬)

 内之浦で最初に朝日が当たる場所であり、内之浦の新しい夜明けの象徴
 内之浦の漁師が漁の安全を祈願する場所であり、内之浦を旅立つ船の安全な航行の象徴突端であり、衛星形状のイメージとも合致

2)観測対象が、太陽(ひ)の先(さき)

※その火崎の場所に行ってどんな所か写真を撮影してきました。

<ご注意>

観光としては、道が狭く場所によっては、危ない場所も多いのでおすすめは、しません。立ち入り禁止では、ありませんが、もし行かれる方は、崖から落ちないよう十分に注意してください。
昨年、数箇所土砂崩れしてる場所もあります。
通行には、問題ないですが自己責任の元で無理は、しない様にお願い致します。

<火崎案内図PDFファイル>
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
★http://www.kankou-kimotsuki.net/cab/fc2.blog/hisaki_map.pdf★

津代半島~火崎までの道のり!-1
津代半島先端(火崎灯台)まで走行中! 道は、とても狭いです。

ここが火崎灯台への入口 ここから先さらに道が狭くなります。
※(運転に不安な方は、無理に進入しないで下さい。)
ココが入口です!↓の看板が目印です。
ソテツ自生地看板

この看板~行き止まりまで600mです。道路脇のガードレールなどもありませんので車で行く場合は、落ちない様に!
 注意です! ↓ココから先で行き止まりです。
この先行き止まりです ↓ココで何度か切り返しをして車の向きを変えなければなりません。
車両スペースとしては、1台です。
車が来ることはそうないですが1台駐車中に2~3台と車が入って来ると道が狭くすれ違う事ができません!(ご注意!)

ここで車を何度か切り返し ↓火崎灯台入口~ここから歩きです。
山道を歩いて降りていきます。誰も来ていなかったのか頭にクモの巣がいっぱいまとわりつきました!(^∇^)


火崎灯台入口下へ ↓こんな所を歩いて降りていきます。

灯台へ降りる山道-1

↓道を草木が覆っています。クモの巣注意!(>_<)
灯台へ降りる山道-2
↓鳥居が見えました。ココまで徒歩で5分くらいかかります。
 (30代歩行スピードで・・・!)

見えました
↓行き着いた先は、こんな場所です。
火崎AA-1
↓御崎神社と火崎灯台が隣合わせで建ち並んでいます。

AAAAA.jpg

↓漁の安全を祈願する「神様」です!

ここが火崎の御崎神社です
火崎一帯の急斜面、灯台の周辺にソテツ、ビロウ等亜熱帯植物が
自生しています。
↓「生きてる化石」天然記念物ですので掘らない様に!

ソテツ1

荒波に浸食された岩絶壁!まさに絶景!!!

磯1
目前に太平洋、そのはるかかなたに都井岬がかすんで見えます。
都井岬にも御崎神社があるんですよね(*゚▽゚*)

都井岬 都井岬や佐多岬の灯台に比べると小さい様ですが、内之浦の海の安全を守る大事な存在です。
夜釣りなどで船で海に出るとこの灯台の明かりが方向を確認する目印です。月明かりがない夜の海は、真っ暗ですからね!
船で火崎のさらに先まで行くと観測所のロケット発射台が見えます。
夜は、発射基地もライトアップされていてその周辺の海は、明るいです。発射基地下の岩場には、釣り人がよく来ていますが、とても波の荒い場所なので危険性もあります。それなりの経験のある方でなければおすすめは、できません。

以上です!


関連記事
有難う・
今年は内之浦に帰れなかったので元気がでなかったのですが
火崎を案内してくれて元気を取り戻しました。うれしかった・
ありがとう・
by: hno12 * 2013/09/20 16:33 * URL [ 編集] | TOP↑

URLが間違っていたようです
内之浦でそだったので懐かしいです・

いつか故郷の山と川・そして海をゆっくり散策したいと思っています。

by: hno12 * 2013/09/20 16:51 * URL [ 編集] | TOP↑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/09/24 23:58 * [ 編集] | TOP↑

行ってきました
灯台への道は、蜘蛛の巣だらけでした。
もし行かれる方は、蜘蛛の巣対策に、
木の枝か何かを
持っていったほうが良いですよ。
私の場合は、生えていた細長い草で、
蜘蛛の巣を斬って進んでいきました。

灯台から御崎神社の間は
蜘蛛の巣がなく安心していたら、
最後の最後、
神社の横の階段で思いっきり
蜘蛛の巣にかかりました。
by: ルイン * 2014/09/26 21:39 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


宝探し〜火崎
さて昨日無事打ち上がり「ひさき」と命名されたスプリントですが、その由来となった火崎へ行ってきました。その前に、誰もいない宮原から射場を望む既にランチャーはしまっているようだ。射場が見学できるか聞くと、どうぞどうぞということで、上がった跡を見にいく。火をかぶったところはまるコゲであるついでにいろいろと飛んで来てフェンスベコベコMVのときはまるごと倒れていたらしいので、新しく作った煙を逃がすトン... ロケッこがゆく[2013/09/26 21:26]
| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top