やぶさめ祭りお昼のお供にイプ弁は、( ´・ω・`)_イカガ?

『食べてください!そして買ってください!
   ~肝付町の味再発見~

高山橋河川敷イベント広場にて肝付町観光協会も参加致します。
オープン:10月20日(日)午前9時~になります。
数量限定えっがね味噌汁の無料配布・新イプシロンの里弁当の販売、豪華景品の当たる抽選会など観光協会のブースにて行います。他にも観光協会会員の各出店者様より各店舗自慢の特産品PR販売も致します。試食もできますのでまずは、「食べてください!」そして、「お買い求めありがとうございます。」


やぶさめ祭りブログタイトル
◆下記の左(やぶさめ折込チラシ)右(地図)になります。
 画像をクリックでPDFファイルを見ることができます。

やぶさめ祭り折込(表) やぶさめ祭り折込(裏)

では、ココでちょこっとPR!今回の「やぶさめ祭り」に合わせて新開発された「イプシロンの里弁当」先日10月18日にやぶさめ保存会のみなさんを中心にその試食会を開きました。肝付町「町長さん」、主役の射手「吉松大志君」その関係者、たくさんの報道関係の方々に「新・イプシロンの里弁当」秋・冬版をご試食いただきました。今が一番美味しい肝付の食材にてまひまかけて作りました。前回の夏バージョンと全く違うイメージで生まれ変わった「イプシロンの里弁当」今回は、町で900年の歴史ある伝統行事「流鏑馬」が、「五穀豊穣」を願っているところから町民の方のその想いを弁当に詰め込みました。是非、一度ご賞味下さいまし!

いくぜ!イプ弁第2弾

「五穀豊穣」を願う縁起のイイィ~お弁当がこれだ!
となりにある「イプシロンウォーター」とセットで食べれば運気上昇じゃ!あのイプシロン打上げ成功の感動が再び蘇る。


地元食材の詰まった

芋をロケットの形に象った漬物「イモシロン」!?(^O^)

地元産「からいもの漬物」

「桜島灰干し弁当」をヒットさせ、地域起こしのための食育講演などで有名な㈱樹楽の那木春幸先生より灰干し講習会で学んだ知恵を今回のイプシロンの里弁当に加えました。干物ですが普通の干物とはちょっと違います。火山灰が魚の水分を吸い旨みだけが凝縮するそうです。まずは、食べてみてください!!

◆灰干しについてはブログ下動画をご覧下さい。

地元産のお魚を加工した桜島灰干しです

10月20日神となる吉松大志君

昨日TVなどのニュースでも取り上げられとても美味しい!
地元だけでなく県外からお客様にもきっと喜んでもらえると大変嬉しい言葉いただきました。肝付町町長も笑顔で喜んでいただきました。

どうです!「五穀豊穣」食べてみたい方は、10月20日(日)高山河川敷広場に午前9時集合だ!数に限りがありますので早く来ないとなくなっちゃうよ!!
その他イベント盛り沢山ですので是非遊びに来てください。


河川敷広場イベントは、午前9時~午後1時で終了です。本番のやぶさめ開始は、四十九所神社通りにて午後2時から行われます。移動の際は、お気お付けてお越しくださいませ。では、明日!

 ※灰干しについては、那木先生出演のTV動画をご覧下さい。



関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top