第7回九州観光ボランティアガイド大会in長崎

本日、「ども!田淵です。」でお馴染み(?)の、ブロガー「タブチくん」は、
研修で不在のため、かわりに記事をアップしますヽ(・∀・)ノ

先日行われました、「第7回九州観光ボランティアガイド大会IN長崎」の報告です
1月20日~21日、毎年各県持ち回りで開催しているということで、
今回は九州最後の県、長崎県での開催です!

長崎は今月末より“ランタンフェスタ”が行われるらしく、町の中はいたるところで
ランタンが飾られていました。

会場の「ホテルニュー長崎」に到着!
長崎県各地の観光ボランティアガイドさんが、「おもてなし」のお出迎えヽ(´▽`)/

お出迎え
 

九州各地のボランティアガイドさんが集まり、過去最多となる632名の参加
とても大きな大会となりました。

各ガイド団体それぞれの、ジャンバーや帽子をかぶっていて、会場自体がとても
賑やかでした!それにしても人、人、人・・・。

開会式 大会参加者

開会式開催の後、「基調講演」
つづける つながる ひろがる
~観光ボランティアガイドができること~
という演題で、松蔭大学の観光メディア文化学部准教授の
鷲尾 裕子さん
による講演です。

基調講演① 

基調講演③ 基調講演②

・観光ガイドは、自分も楽しまないと、相手も楽しくない!
・ガイドでチームになる。 
 行政とチームになる。
 地域住民とチームになる。
 街とチームになる。

などなど、勉強になります〆(._.)
ガイド活動をしていただいてる方にも、しっかり報告したいと思います!


続いては各テーマに分かれての分科会です。
私の参加した分科会は「これからのガイド(団体)のあり方」について、
各グループ7~8人に分かれて、意見交換や議論を行います。

とくに“組織のあり方と継承問題”について議論しました。
どこの団体も、後継者問題や組織について、悩んでいたり、
問題を抱えているようです。
悩みや問題を解決するために、意見交換を行いました。
最後に各グループで、議論したことを発表します。

分科会 分科会発表

今後のガイド団体を継続していく上で、とても為になるアイデアや
意見もあり、とても参考になりました。


そして、夜は「情報交換会」です!またしても人、人、人・・・。

懇親会 

各県ごとに、自分たちのガイド団体の紹介や、まちの紹介をします。
歌を歌ったり、踊ったりする方も・・・さすがみなさんガイドをされていることもあり、
元気だし、面白い(o^^o)♪
 
 長崎県PR

最後は長崎音頭(?だったかな・・・すいません、うる覚えで)で会場は大盛り上がりでした。
長崎市「田上市長」もトップセールス。ゆるキャラさるくちゃんも会場を盛り上げます。

長崎音頭 さるくちゃん

こうやって、長い一日は過ぎて行きました。


2日目
午前中は、パネルディスカッションと閉会式です。

「パネルディスカッション」前日の各分科会で発表されてことを、
パネリストが発表をします。今回の大会のまとめです!

パネルディスカッション 

「閉会式」今回の大会も、大変勉強になり、充実した大会でした。

閉会


大会終了後、鹿児島県号は、島原の方に移動です三└(┐卍^o^)卍
島原の観光ボランティアガイドの方が、同乗していただき、
道中もガイドや歌でとても楽しく過ごせました。

島原到着後、待ちに待ったお食事タイムo(^▽^)o

島原の郷土料理『具雑煮』

「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。
 この「具雑煮」の由来は、寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった
天草四郎が3万7千の信徒達と共に島原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として
貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も
戦った時のものが始まりと言われています。これをもとに文化10年(1813年)、 
初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」の
 はじまりと伝えられています。(姫松屋 参照)

あっさりして、美味い!寒い日だったので、温まりました。

具雑煮

そのあとは、観光ボランティアガイドと街あるき
島原城周辺にある、武家屋敷周辺を歩きます。
やはり、ガイドさんがいるとわかりやすい!

武家屋敷街歩き 武家屋敷中 時鐘楼

島原は「水の都」で有名なこともあり、市内随所で湧水が確認されているらしい。
町中に錦鯉を放流してあり、水も綺麗で素敵なところでした。

 鯉の泳ぐ町

最後に、かんざらし体験
白玉粉で作った小さな団子を「島原の湧水」で冷やし、蜂蜜、砂糖等で作った
特製の蜜をかけたもので、口の中でとろけそうな上品な甘さと喉越しのよさが人気の
素朴な郷土の味です。(島原市観光協会参照)

自分たちで、かんざらしを作る体験をし、その後味わいます。
ほんと素朴で美味しいかった( ´艸`)
体験ができるのは、旅の醍醐味ですね!

  かんざらし体験 かんざらし 

長崎は観光先進地ということで、ほかの地域よりも早くからガイドや、
街あるきに力を入れています。
「おもてなし」を感じ、大変勉強になった2日間でした!

あとは、しっかり皆さんに伝えなければ( ̄ー ̄)

最後に、島原から熊本のフェリーで、
うみねこが、餌を求めて追いかけてきました!

もちろん私も「かっ〇えびせん」を購入し、うみねこちゃんたちと
戯れました。あ~楽しかった!

 かもめ かもめ2



関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top