まだまだ続く・・・おおすみのよかとこ

ども!!田淵です(*゚▽゚*)
「おおすみ農山漁村ツーリズムツアー」続きいきまぁ~すヽ(・∀・)ノ

志布志到着!!受け入れ家庭を見学(体験)

花北1花北2
志布志市“志”ツーリズム協議会「花北好子」さん↑↑右写真
郷土料理作りを体験させていただきます。よろしくお願いします。
メニューは↓↓↓
・がね(さつまいもの天ぷら)
・薩摩汁(鶏肉と地産野菜がたくさん入ったみそ汁)
・からいもごはん(さつまいもを混ぜた白米)
・ちまき(さつまいもをつぶして、もち米と混ぜ、タケノコの皮で包み蒸したもの)
・ねったぼ(すりつぶしたさつまいもを餅と混ぜたもの)

肝付町は大崎町と共にがねを作ります!!

料理4料理3料理5料理6
鹿児島の郷土料理の定番メニュー。
過去ブログにて紹介しましたが・・・揚げた天ぷらの姿がかに(方言でがね)の姿に似ているというところからがねという名前が付いたのでは?と言われています。


料理1料理2
普段、料理される方ばかりなので私は邪魔になる(笑)
味見ばかりしてたような・・・申し訳ないですm(_ _)m
↑↑↑はちまきの下処理。切って火を通します。

デザート作りは昼食の後ということで・・・お腹すいたぁ~


料理7料理8
やっほぉ~い(*゚▽゚*)美味しそうですね。さつまいも定食?みたいな感じです。
さつまいもは甘いというイメージがありますが、あっさり甘さ控えめな感じがしました。
鹿児島ならではですね。さつま汁が大人気でした。
おかわり!!おかわり!!の嵐o(^▽^)o


料理9料理15料理11料理12
デザート作り。ちまき担当!!
まずは火を通したいもをつぶして、もち米や砂糖、塩を入れこねます。
いもが冷える前に、こねなければ綺麗に混ざらないそうです。
(大体、耳たぶ程度の柔らかさまでこねます)
花北さんも参戦・・・皆さん「やっぱり手際が違う」と混ぜ方のレクチャーに真剣な表情でした。

混ぜ終わったら生地を小判型に形成しタケノコの皮で包んでいきます。
「これなら出来る!!」とお手伝させていただきました。ありがとうございます。
楽しかったです。


料理16料理17
完成!!お土産にいただきました。

ねったぼ作成組

料理14
今回はきな粉でいただきます。

料理19料理18
ねったぼを食べつつ自己紹介
ねったぼ美味いです。「このねったぼの甘さはいもの甘さのみ」と花北さんがおっしゃていました。優しい甘さです。感激!!o(^▽^)o
「甘いのは苦手と言いつつ食べてる人も(笑)」

これにて体験は終了です。
花北さん、志布志“志”ツーリズム協議会の皆様ありがとうございました。
勉強になりましたぁ(´∀`)

以上です。観覧ありがとうございましたm(_ _)m
もう一軒、受け入れ先を周り、安田農園ふれあい市場へ
また次回ご紹介しますo(^▽^)o
ではまた会いましょう。
 
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top