十五夜・・・遅くなりました

 ども!!風邪をこじらせ寝込んでた田淵です(≧∇≦)/

え~お久しぶりです。

いきなり意味わからんと思いますが↓↓↓

今日のじいちゃんを

DSC08251.jpg

8時間かけて封筒つめてます。「写して、のせて!」うるさいので意味なく貼りました。

「いやぁ~男前お姉さま曰く

では脱線しすぎる前に今日のメイン「十五夜」いきます。

DSC07576.jpg

創星会主催の「十五夜」は昨年に続き2回目です。

今年は・・・

DSC07685.jpg

50名を超える子供たちが参加。

集落はもちろん、高山地区、鹿屋市。なんなら大隅半島外からの参加でも構わないそうです。

DSC07601.jpg

十五夜といえば相撲・満月・団子なんか思い浮かびます。

↑↑↑綱引きは鹿児島の一般的な十五夜では行われるケースが多い。

・・・私が幼い頃、集落で行われていた十五夜には綱引きはなく、相撲一本でした。

ちなみにネット徘徊すると・・・鹿児島・沖縄=綱引きという記事をよく目にします。地域、独特のものなのか?

十五夜は神事の側面を持つそうで、綱にも何らかの意味が込められているのかな?・・・まぁ~ここはおいおい。

DSC07692.jpg

誰が一番先に泣けるかな?

個人的に気になるのは・・・パパ率の高さ。

パパに抱っこされると泣く率あがるそうです!!

・・・同級パパに聞くと「結構ショックだそうです。」

普段・・・泣かれるとショックなのにこんな機会には泣かない。変なの。


DSC07613.jpg

土俵入り前に清めの儀式。

相撲を取る際に↓↓↓

DSC07670.jpgDSC07740.jpg

塩をまく。

なんでですかね?塩もったいない!!笑

そういう方もいるでしょう。

一説によると・・・元々は豊穣を祈願する神事として相撲が行われていたそうです。力士の勝ち負けにより神事の結果が決まり、土俵はその命運を左右する神聖な場所とされていました。

つまり、「塩をまく」この相撲の風習は「神聖な場を清める」そういった意味合いを持っているそうです。

塩には「清浄」という意味が込められています。現代では「葬式」から帰宅する際など塩を身体にまき清めます。

DSC07703.jpgDSC07763.jpgDSC07887.jpgDSC07941.jpgDSC07954.jpgDSC08038.jpg

↑↑↑の通り

赤ちゃん~おっちゃんまで年齢制限もないそうです。

「子供が楽しけりゃなんでもおっけい!!!」

そんな十五夜でした。

今回は以上です。

ではまた会いましょう(≧∇≦)/


関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top