「大隅地域ツーリズム協議会」の交流会が開催されました。

1月21日(水)鹿屋市中央公民館にて

「大隅地域ツーリズム協議会」の交流会が開催されました。
大隅地域ツーリズム交流会 20150121-3 大隅地域ツーリズム交流会 20150121-2

大隅地域振興局主催で大隅地域9市町が集まり肝属地域の旬素材や郷土食を活かした食事メニュー実習から試食・交流会を行い、午後からは、北きりしま田舎物語推進協議会の講演が行われました。

大隅地域ツーリズム交流会 20150121-1

交流会では大隅地域自慢の食材を田舎風にアレンジした料理を食しながら、各市町のツーリズム代表者が民泊受入の体験談や食事メニューについての事などを発表されました。
 大隅地域ツーリズム交流会 20150121-5 大隅地域ツーリズム交流会 20150121-6 

肝付町からは、川上やまびこ館の園田國治さんが田舎料理について熱く語ってくれました。
大隅地域ツーリズム交流会 20150121-7

試食会のメニューです。

主食:から芋入り赤米ご飯・高菜巻き・混ぜご飯

汁物:かしわ入りでんぷん汁

主菜:トンカツ・赤エビ入りガネ

副菜:ほうれん草の白和え・旬季節の酢の物・カリフラワーのカレー漬け・ゴボウのきんぴら・手づくりこんにゃく(ゆず味噌添え)

香の物:ゆず大根・高菜の味噌漬け

デザート:大学芋・かぼちゃケーキ・ピーマンのパンケーキ

飲み物:緑茶・紅茶
本日のメニューは、肝属で生産された旬の農産物を使い、心を込めた料理です。
大隅地域ツーリズム交流会 20150121-4

民泊受入れで皆さんがまず考える事は、食事だと思います。

試食会で出されたメニューは、田舎(地元)の食材がメインです。

田舎の人にとっては、日常日頃から食べる物が意外と県外(よそ)の人には珍しいものもあります。

特に最近の都会暮らしの子供さんたちは、珍しいかも!

大隅地域ツーリズム交流会 20150121-8

これから更にツーリズムの大隅地域における教育旅行生の受入れも年々増えてくるのではないでしょうか?
しかし、まだまだ受入れ先が足りません。(まだまだ募集中!)

肝付町観光協会ツーリズム部会でもこれまでの活動で会議・勉強会などコツコツと積み上げながら昨年は京都綾部高校の生徒さんを民泊受入しました。

受入れの規模としては小さいですが肝付町なりのやり方で無理なくコツコツ続けることが大事ですよね!

講演をされた「北きりしま田舎物語推進協議会」は、小林市(須木地区・野尻地区)、えびの市、高原町を主な活動エリアにし、平成26年度は修学旅行農家民泊956名(7校)を受入れしたそうです。

受入までに食品衛生・救命救急講習やインストラクター養成などを行い、更に自主研修会(仲間づくり)・交流会などを図りながらスキルアップ活動をしているそうです。


大隅地域ツーリズム交流会 20150121-9
旅行会社と連携をとり修学旅行生の安心・安全で思い出に残る農家民泊に取り組んでいるそうです。

※肝付町観光協会ツーリズム部会とは?
豊かな食・自然などの地域資源を生かして、農家民泊や農作業等を体験する教育旅行や農産物直売所や体験農園等を活用した交流など様々なグリーン・ツーリズムを展開していきます。

一緒にツーリズム活動してみませんか?

「民泊受入れ」に興味ある方は、肝付町観光協会事務局まで

☎0994-67-2888

関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top