「ガイド定例会」と「日米合同デザインワークショップ@高山 発表会」

今回のブログは「ガイド定例会」
「日米合同デザイン・ワークショップ@高山 発表会」について書いていこうと思います。

ガイド=「肝付ふるさと案内人」と言います。

主に内之浦宇宙空間観測所や二階堂家住宅・高山城跡など肝付町内のガイドをしています。


「ガイド定例会」

今年1回目の定例会は委嘱状交付を行い、また予算案や今後の活動について話合われました。

s-DSCF0139.jpg


観光協会会長から「肝付ふるさと案内人」へ委嘱状交付

s-DSCF0142.jpg

今後のガイド予定

6/6 宇宙空間観測所   30

7/21高山地区見学(高山城跡・二階堂家住宅・四十九所神社など)38


また役員改選も行われ、新しい役員が決定しました!
「肝付ふるさと案内人」部会長:大野さん

副部会長:田畑さん・濱田さん


また、現在「肝付ふるさと案内人」を募集しています。

肝付町を盛り上げたい方は是非!!

(老若男女問いません)


定例会のあとは、ガイドの皆さんと勉強会に参加します!
そもそも、肝付町高山地区は、かつて大隅地区を治めてきた肝付氏が居城を築いていた場所で、16世紀まではとても栄えていました。
そのために、武家社会の名残のある「麓」地区に武家屋敷が点在したり、江戸時代に薩摩藩が許可を与えて商売をしていた「野町」の特徴的な家が現在でも残っています。
「麓」「野町」など各地で特徴のある建物が残っているところは、日本各地点在しているようですが、その2ヶ所が極めて近いところにあるのは、全国でもかなり珍しいようです。

今後、高山地区のまち歩きガイドをしていきたいと検討していく上で、今回の発表会は必見です!


「日米合同デザイン・ワークショップ@高山」発表会


鹿児島大学大学院理工学研究科と米国タスキーギ大学建築建設工学部が共同で肝付町高山の地方創生に向けたデザインの提案を行います。
今回は特に野町地区にスポットを当てて、発表をしてくれます。
学生たちは、29日金曜から肝付町に泊まり込み、町並みや建物を見学したり、野町の特徴的な町屋(昔の油屋)を調査し、発表に向けて準備を進めてきました。

「まちづくりを対象とした異文化交流教育により米国の相互理解を深める」をテーマに
45人グループずつの発表がありました。
肝付町長をはじめ、地元住民や建築関係の方など多くの方が学生の発表に興味津々です。

 s-DSCF0149.jpg s-DSCF0160.jpg

昔ながらの町屋は、土地や空間を活かしたデザインで高山の伝統行事八月踊りや、イベントに活用できる休憩所やレストラン、売店など、もともとの町並みや建物を生かした様々な案がありました。


若い学生さんの発表を聞き、今まで地元の方でも気づいていない、この場所の魅力にまず気づかされました。またこの町の特徴は残しつつ、いろいろなアイデアで町に観光客が来て賑わうようになればいいなと感じました。
ガイド部会や協会でもいろいろなアイデアを考え、情報発信していきます。

デザイン模型の一部です。
学生さんは、徹夜で作業をしていたと…皆さま本当にお疲れ様でした。

s-DSCF0174.jpg 



関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top