肝付町ドヤドヤサー 肝付町ふるさと劇場

肝付町 ドヤドヤサー

  17日開催

良き一年を願って参加しませんか?

無病息災、大漁、豊作、商売繁盛を祈願して行われる正月行事です。

歴史

江戸時代より戦前(1941年ごろ)までは、浦町(漁業中心の地域)にある上町・下町・上向の3集落で正月行事として行われていたが、戦後に途絶えてしまった。

1976年、35年ぶりにドヤドヤサーを復活させ、今は町指定の文化財として肝付町ドヤドヤサー保存会を中心に毎年行われています。

 

  ドヤドヤサーの流れ

15メートルの孟宗竹12本を主柱とし、干支にちなんだ12本の縄を放射状に張り、参加者は12本の縄を誕生月ごとに握り。孟宗竹の先端には日の丸の扇や五色の布、折り紙などが飾られ、竹柱の周りには参加者の正月飾りやお札などが積まれます。

お祓いを済ませ、午後2時に火を焚き上げ厄払いをして、竹柱が焼けて倒れた後は、笹や飾りは魔除けに、孟宗竹は輪切りにして貯金箱として利用するそうです。

去年の写真です

DSCF9385.jpg


DSCF9381.jpg


DSCF9350.jpg

DSCF9371.jpg



肝付町ふるさと劇場!!

え!あの有名人が!!

この肝付町にやって来る?

テレビで見たことある、あの人が・・・遠路はるばるやって来ます。

これはもう行くしかないでしょ(`・∀・´)
20151127091226029_0001.jpg

「肝付町合併10周年記念事業」として企画された「宝くじワクワクふるさと劇場」131日(日)肝付町文化センター開催します。是非見にきて下さい。

前売り券は2.000で買えますが当日になると2.500になります。

※券には限りがございます。前売りの段階で売り切れになりますと、当日券は販売しないとのことなのでご注意を。

関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top