肝付町にはこんな人もいます

 この春、肝付町に移ってこられたアーティストのご夫妻(ミュージシャン&ダンサー)がいる。自分はまだその方々とお会いしていないが、ちこっと検索するとなかなかグローバルな活動をされているようだ。その方たちが中心となってアートイベントが行われることになった。

【パンフ】  
アートフェスパンフ

 今コンテンポラリーダンスは結構おもしろい。コンドルズの近藤良平(NHK朝の連ドラ「てっぱん」のオープニングやサラリーマンNEO)、珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝(メルシー体操)、森山開次(NHK「からだであそぼ」)などTVでも”そっちの人”を目にするようになった。前はアカデミックなイメージだったが、最近は単純に笑える作品などもあり多様化している。昔美容と健康のために、とあるダンス教室の入門クラスに通っていた時期があったのだが、急きょ担当のイントラ(女性)が来れなくなったため、彼女は森山開次さんに代行をお願いするとゆう暴挙にでた。そしてまさか本人がそれを引き受けたのだった。何も知らずに行った自分はびっくりした。たとえるなら中学校の音楽の時間に突然代行教師で坂本龍一がくるようなものだ。レッスンが始まっても目からウロコなことばかり、必死こいて振り付けを覚えたと思ったら、「曲変えるよー」の一言。同じ振りでまったくタイプの違う曲で踊れとゆうのだ。普通は音楽に合うようにカウントで振りを覚えて踊るのものだが、彼曰く「音と戦っても勝てない」そうで、そのような既成概念から解放されたとき何かが生まれるのだろう。
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top