大隅巡り 

2/3おおすみ観光未来会議の企画で南部コースということで鹿屋市・肝付町・錦江町・南大隅町「おおすみ巡り」に行きました。

若御毛沼命((わかみけぬのみこと)別名(神武天皇))が両親である鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と玉依比売(たまよりひめ)の墓を吾平山上陵に作ったそうです。

よく初詣に人が多く集まりますが。1231日以外は夜でも門が開いているそうです。

DSC03406.jpg

続いて、「川上中学校」

川上中学校は昭和24年、後田中学校川上分校として建設されました。

本校舎は切り妻造桟瓦葺きで、土間床通路や外壁の下見板張り、東西各4か所のバットレス(控え壁)など、その建築様式が評価され、肝属地区内では初めて国の登録有形文化財として登録されました。

DSC03420.jpg

特別に鍵を借りて中を見学しました。

どこか懐かしく思えますね。

DSC03416.jpgDSC03417.jpg  

川上中学校は、現在休校だそうです。

この地区に子供が増えれば、その子供達はこの校舎で勉強できるかもしれないですね。

DSC03423.jpg

次は、「叶岳ふれあいの森」

叶岳麓から叶嶽神社まで、1000段もの階段が設置されており、全段を登りきり、この叶嶽神社に願掛けをすれば願い事が叶う!?そうです。

下から555段の階段を登るとボードウォークというところで、ロケットの模型や顔はめパネルがあり、内之浦湾やJAXAのパラボラアンテナなども見えます。

下の写真はボードウォークです。

DSC03424.jpg

コスモピア内之浦で昼食、2/3は節分ということで恵方巻でした。

DSC03428.jpg

昼食をとった後、内之浦宇宙空間観測所を見学。

この日に見学をした方はすごくラッキーでした。

なぜかというと、パラボラアンテナが普段は上向いて休んでいますが、斜めを向いている時は、衛星の電波を受信しています。

DSC03435.jpg

パラボラアンテナが斜めを向いているのもレアなのですが、晴天に恵まれ種子島と屋久島がみえました。地元の人によると屋久島が見えるのは年に1回くらいだそうです。

内之浦宇宙空間観測所は入口で受付をしてもらえれば一般の方でも無料で入れます。見学時間は8301630まで年中無休で見学できます。

ただし、ロケット打ち上げ前後などは出入りが規制や禁止されるのでご了承ください。

DSC03436.jpgDSC03440.jpg

次は「花瀬公園」

石碑の隣にある松は、黒船来航時期に島津氏が大隅の地をまわり、その時に松を植えたそうです。

DSC03453.jpg

花瀬の石畳では四季に合わせて様々な見どころがあるようです。

DSC03458.jpgDSC03454.jpg

花瀬川を約1キロ歩きました、散歩コースにいいかもですね。

DSC03463.jpg

次は「雄川の滝」

滝つぼがエメラルドグリーンなのは岩から出ている水がきれいだからだそうです。

下の遊歩道から行くとまたさらにすごい景色が広がっています。

なお、遊歩道は道路整備中なので詳しくは、南大隅町役場の企画観光推進室(直通)0994-24-3115

まで。

DSC03473.jpgDSC03475.jpg

次は「諏訪神社」

特徴は鳥居が2つあり、昔は武士の神様といわれていたが、現在では縁結びや交通安全などいろんな神がいるとされている。

この神社は左の鳥居から入り右の鳥居に抜けるのが正しいようです。

DSC03480.jpg

最後に「荒原天神」

満潮時に海に浮かぶその様子から岩山は「天神島」とも呼ばれ夕日とのコラボレーションは写真映えしますよ。

DSC03483.jpg

以上でおわります。

是非、皆さんも行ってみてくださいね。

関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top