やっと一輪

5月にセットした睡蓮蜂。昨日つぼみを確認し、今朝6時に膨らみ出したと思ったら、この時間(8時)にさいた。すごい速さで変化する。前の田んぼは台風がくる前の今日、稲刈りだ

睡蓮

 脇の浮き草は「アマゾンフロッグピット」。成長著しく普段は水面に展開する葉が行き場がなくなり水上葉と化している。ちなみにペットショップ等で「水草」として売っているもののほとんどは純粋な水草ではない。「水の中でも何とか生きられる」草だ。代表的なのが

【アマゾンソードプラント】 南米原産
アマゾンソードプラント
陸上(抽水状態)で育てれば花も咲く

【アヌビアスナナ】 アフリカ原産
アヌビアスナナ

【アナカリス】 オオカナダモともゆう。こっちは完全な水草。名前のとおり外来種だが完全に帰化した。
アナカリス(オオカナダモ)



子供の夏休みも関係し、水槽をはじめる方も多いかと思う。まずはお手軽なグッピーやらエンゼンルフィッシュなどを飼育する場合が多いと思うが実はここに落とし穴がある。以外とすぐに死んでしまうのだ。多くの人は入門種すら死なせてしまうことで熱帯魚は難しいとあきらめてしまう。これらの安価な魚は東南アジアのブリーダーから病気がでないように薬漬けにされ大量に輸入される。モラルのあるショップはすぐに店頭に出さないで数日間バックヤードでトリートメントしてコンディションを立て直してから売るのだが、多くの場合(特に夏場は)すぐ店頭に出される。さらにそれを環境のできていない立ち上げたばかりの水槽で飼うものだから死んであたりまえだ。物事は自然に変化することが大切だ。
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲ Page Top